2022年7月21日木曜日

肥料作りに!! 天かすとグリセリン

毎日毎日、海の向こうのウクライナから届く戦争のニュースは心が痛くなりますね。
一日も早い戦争の終結と平和の到来を祈るばかりです。


ところで、昨年も書いたのですが、

日本の中で、東京で、都会の中で、

農業とは言わぬまでも、園芸や庭作りの為の肥料作りが始められないかなぁと考えています。


農業は素人なので、色々調べたり実験は必要になりそうですが、
落ち葉や草刈りの後の葉っぱ、

食物残渣や家畜の糞等と混ぜ合わせて、

堆肥作りが出来たら、都会の中でも身近な循環型社会作りに貢献出来るのではないか⁈

廃食油からバイオディーゼル燃料を製造販売している、

あぐりーん東京の組合員一同の切なる願いです。


共に取り組んでくださる方、大募集中です!!


#都会で肥料作り

#グリセリン

#肥料

#協同労働

#ワーカーズコープ

#廃食油

#BDF

#バイオディーゼル燃料

#労働者協同組合法

#あぐりーん東京

#循環型社会

#SDGs


 
 

2022年7月20日水曜日

今年も『アースデイ東京2022』に参加しました!! 

 


久しぶりの投稿です。

今年も『アースデイ東京2022』に参加してきました。


私達あぐりーん東京は、廃食油回収スポットと、

バイオディーゼル燃料(BDF)でモバイル充電スポット、

ミニESD(環境教育・持続可能な開発のための教育)を行いました。


そして今年は労働者協同組合法施行元年の特別企画、

『ワーカーズコープヴィレッジ+』の出現!!


コンセプトはもしワーカーズコープが村を作ったら⁈

というテーマでSDGs、FEC(食糧,エネルギー,ケア)自給コミュニティーを13のテント村で作りました。

当然この村の電力は全てBDFで賄ったのでCO2≒ゼロでしたよ!!




エシカル商品の販売、

保育園と子ども工作似顔絵コーナーあり、

有機農産品の販売あり、


ミニステージの企画も盛りだくさんで、

今年10/1から施行される『労協(ワーカーズコープ)法』のレクチャーや働き方、

『協同労働』で働いている人たちの本音トーク、

日本の難民移民問題の事、



日曜日のフィナーレには、俳優の永島敏行さん、歌手のYaeさん、

アースデイ東京事務局長・河野竜二さんとワーカーズコープ連合会の古村伸宏と4人のトークセッションで大いに盛り上がりました。

ご参加下さった皆様有難うございました。

来年も私達はアースデイ東京2023に参加して今年よりも盛大に『ワーカーズコープヴィレッジ+』を出現させますよ~~!!



皆様お楽しみにぃ~~!!

#ワーカーズコープ

#労働者協同組合法

#BDF

#廃食油

#アースデイ東京




2022年1月4日火曜日

小さな資源循環社会作り 自由の森学園様

 昨年2021年12月17日と18日、

埼玉県飯能市の私立『自由の森学園』の高校生さん達の『ねぶた祭』の写真。
ライトアップの電源は私達あぐりーん東京が製造した、

BDF(バイオディーゼル燃料)を小型ディーゼル発電機で使用しました。

 原料の廃食油は、自由の森学園様の学生食堂と寮の油です。

現在、BDF生産過程で出る、副産物のグリセリンと天カスも農業肥料としてご利用頂き、お米や野菜も生産。

鶏も飼育して「ゼロから作る親子丼」の実習授業も行われているとの事です。

農業科、林業科の実習の送迎、学園見学会等に使用されるミニバスも稼働中。

一昨年2020年12月3日には、ESD(持続可能な開発のための教育)環境授業も行わせて頂きました。

自由の森学園様の教育カリキュラムは、
『ユネスコスクール』にも認定されていて、

https://www.unesco-school.mext.go.jp/

ここで授業をさせて頂けるのは大変光栄な事でした。

気候危機を食い止めるには、私達庶民も身近な自分に出来る小さな事から、

地道にコツコツと続けたいですね!!

 

自由の森学園の皆様、有難うございましたぁ~~

今年も益々よろしくお願い致します。

#自由の森学園

#ユネスコスクール
#BDF
#バイオディーゼル燃料

#ワーカーズコープ

#協同労働

#あぐりーん東京

#ESD




 




 


2021年8月10日火曜日

イタリアの協同組合の協同労働

 

の現場を、
いくつも丁寧に取材し深堀して書いて下さったな!! 
朝から拝読して嬉しくなった記事です。
創業、事業継承、障害者就労、協同労働のやりがいと経営の苦労等々、
書かれている内容の一つ一つが私達現場の感覚にも近く共感出来ました。
あぁ~~、俺もイタリアやスペイン、イギリスの協同組合の現場、見に行きたいなぁ…
あれ?! 演劇や芸術が盛んな国々ばかりだ!!
でも個人的には『協同労働』の面白さと大変さはデバイジングで一つの芝居作品を生み出す感覚に似ている気がしています。
徹底的に平等にアイディアを出し合って話し合って、
時々、信頼の上に成り立つリーダーシップが必要な、
組織運営と働き方、それが『協同労働』
2022年10月1日に施行が決まりました。
楽しみ楽しみ!!
大室一也記者、取材有難うございました!!

2021年7月26日月曜日

グリセリン 肥料作りやバイオガス生産に使用しませんか⁈ 

 
『グリセリン』使いませんか⁈

バイオディーゼル燃料製造の副産物『グリセリン』
肥料生産やバイオガスの発酵促進剤として、
又はボイラー用の重油代替燃料としてご利用頂けます。
畜産(養牛,豚,鶏)糞の量に3%程混ぜ込むと、
微生物活動が活発になり、
堆肥化が促進されるそうです。
畜産業者様、農家様、バイオガス業者様、他関係者皆様
配送や取引方法等々、ぜひお問い合わせ下さい!!
agreen-tokyo@roukyou.gr.jp
03-6423-2411

2020年8月13日木曜日

リモート授業 青山学院大学大学院 香川秀太准教授ゼミ



 

先日7/30(金)青山学院大学 社会情報学部大学院 ヒューマンイノベーションコースの香川秀太准教授のゼミで、リモート授業をさせて頂きました。



内容は私達ワーカーズコープの行う、

協同労働によるBDF(バイオディーゼル燃料)事業の概要とキャリアについて。

写真は私のスマホで工場内の様々な設備を中継しながらご説明しているところです。


皆様に実際に工場に来て頂いて、

製造機械や実物をお見せしながらお話しできれば良いのでしょうが…、

スマホで製造機械等を映しながら、

リモート映像を見ている先生と学生さん方に分かり易く説明するには、

どうすでば良いのか…。

目の前に聞き手が居る場合と違い、

相手の表情や反応は分からず、

こちらも身振り手振りは使えず、

しゃべる言葉選びも慎重になりますね…。


事前にワーカーズコープのシンクタンク『協同総合研究所』の、

所報『協同の発見』312号と328号の私の書いたレポートを読んで頂いていたので、

質問内容が中々奥深い…。

二時間の予定が、

お互いに楽しく夢中になっているうちに、

あっという間に約三時間が経過していました。


実は香川修太先生からは、

6年前に青山学院大学の説明会で『野生の学び』についての講演を、

私が個人的に聴講して感銘を受けていた事が事後に判明!!

人様とのご縁とは不思議な物です。


私達あぐりーん東京の組合員一同にとっても素晴らしい体験となりました。


香川秀太先生、ゼミの学生さん方、

コーディネートして下さった協同総研事務局長・相良孝雄さん、

どうもありがとうございました~~!!

2020年2月22日土曜日

城南信用金庫様のHPのSDGsページに、ご掲載して頂きました。

城南信用金庫様のHP、SDGsのページで、
私達ワーカーズコープあぐりーん東京との連携が紹介掲載して頂きました。
https://www.jsbank.co.jp/about/socialaction/eastjapanearthquake/donation/5.html
SDGsのNo12「作る責任、使う責任」の項目です。

城南信用金庫様の全85店舗中71店舗のロビーで廃食油回収にご協力頂いております。
年間にすれば全店で10000ℓ強(10t)もの廃食油が集まるのですよ!!

つまり、これだけの可燃ゴミが削減されて、
下水道や河川,海洋の油汚染を防ぎ、
私達がBDF(バイオディーゼル燃料)化して、
観光バスやトラックの運行、
工場のボイラー燃料化する事で、

軽油や重油の使用量とCO2が削減されているのです!!

そして城南信用金庫様や、
連携する飲食店,企業様から、
私達が廃食油を買い取る際の代金は、
NPOしらうめ様を通じて、
東北復興支援に義援金として寄贈されています。

写真はその感謝状の贈呈時の様子です。

BDFは再生可能エネルギーとしてだけではなく、
教育、労働、環境等々
持続可能な社会作りの為に、
大きなポテンシャルを持ったエネルギーです。

城南信金様と私達ワーカーズコープは、
同じ協同組合同士として、
脱原発社会の実現、地域の活性化、
子ども食堂活動や、双方の職員研修、
「良い仕事おこしフェア」
等々、幅広い分野で連携し活動しております。

黒田志保



https://www.jsbank.co.jp/about/socialaction/eastjapanearthquake/donation/5.html
城南信金、理事長川本様に
ワーカーズコープ副理事長藤田徹より、感謝状贈呈
20190915社会連帯TOKYO設立総会にて


その感謝状、
義援金の額とゴミとCO2削減等、
環境貢献値が記載されています。

20180827
2017年度分の義援金と環境貢献値を感謝状として贈呈
中央、顧問,吉原剛様、左、顧問,山藤公二様

2020年2月19日水曜日

農業新聞様に掲載されました あぐりーん東京のESD(持続可能な開発のための教育) 環境授業

2019年10/18(金) 栃木県立那須拓陽高校で行った、
カーズコープあぐりーん東京で作っているBDF(バイオディーゼル燃料)を使った、
出張環境授業(ESD)の事を、
新聞掲載して頂けました!!
日本農業新聞さん有難うございました!!
2019年11月21日 水曜日 北関東版でした。

栃木県那須塩原市の伝統高校
「那須拓陽高校」の生物工学課1~3年生約50名の生徒さんと先生方が、
キャリア支援事業の授業として聴いて下さいました。

気候変動の事、
気候格差、気候正義、
食肉に必要な穀物量、
アマゾンやオーストラリアの大規模火災の事、
プラスチックスープと化した海洋汚染、
色々色々お話しさせて頂きました。

『菜の花サミットin那須塩原』で頂いたご縁に感謝しつつ、
今後も精進します…、
有難うございました。

黒田志保